アイトレーニングと一緒に!食材で視力回復!

視力回復トレーニングやアイトレーニングなどの視力回復のトレーニング教材を申し込みすると必ずと言っていいほど目にいい食生活や食材についてのアドバイスがついてきます。
視力はもちろんトレーニングで回復するのですが、回復した視力をしっかり維持し続けるために日常生活や食生活にもしっかり気を使う必要があります。
視力低下を防ぐための食生活について、詳しくご説明いたします。

 

やっぱり人気!ブルーベリー


ブルーベリーが目にいいというのは良く耳にしますよね。ブルーベリーには、アントシアニンという抗酸化物質が豊富に含まれており、このアトシアニンという物質が目が見える状態を維持している「ロドプシン」という物質の働きを促しています。
ロドプシンという物質が分解や再生を繰り返すことで目が見える状態を維持しているため、この物質を守るためにブルーベリーなどのアトシアニンが含まれる食材を積極的に摂取することで視力回復の手助けをします。
ブルーベリー以外にも、ぶどうや赤しそなど、紫色の色素を持つ食材にはアトシアニンが豊富に含まれていると言われています。

 

目の神経や眼精疲労に役立つ食材

サケ、タイ、エビ、カニなど

網膜を構成するために重要な食材

ほたて、いわし、きなこ、牡蠣など

目の病気の予防に役立つ食材

ブロッコリー、ほうれん草など

 

目にいい食べ物は子どもに不人気

こうしてみていただいただけでもわかると思いますが、とにかく子どもが嫌いな食材がかなり含まれていますね。
それをどのように上手に子どもに食べさせるかが親の腕の見せ所です!
必ず摂取しなきゃいけないというわけではありませんが、目にいい食品を食べることで視力が回復しやすい環境を作ってあげるようにしましょう。

 

視力回復を促す栄養素
  • ビタミンA(カロテン):レバー、カボチャ、ニンジン、ホウレンソウ
  • アントシアニン:ブルーベリー、黒豆、ナス、シソ
  • 亜鉛:レバー、卵、大豆、納豆
  • ルテイン:ブロッコリー、カボチャ、ホウレンソウ
  • ビタミンE:カボチャ、ホウレンソウ、シソ、かいわれ大根
  • カルシウム:牛乳、ヨーグルト、チーズ、ホウレンソウ

 

サプリメントでも摂取できますが・・・


最近では、目にいいサプリメントなども多く存在しています。
サプリメントは栄養素を凝縮してあるため効率的に栄養素を摂取することができて非常に便利なのですが、子どものためにはあまりオススメしません。
大人であればサプリメントで必要な栄養素のみを摂取すればいいと思いますが、子どもは成長期に必要な栄養素は食品から摂取することが望ましいです。
視力によいとされる食材を摂取することで、それ以外の体に大切な栄養素も一緒に摂取することができるため、できるだけ食事の中から目にいい食品を選んで摂取できるよう心がけましょう。
とはいっても、お母さんが無理をして続かなければ意味がありませんので、無理なく続けられる程度に頑張るようにしましょう!